住宅診断 -インスペクション-
inspection
お問い合わせ
インスペクションとは?
建物の劣化具合を中心に規定のチェック項目に従って細かく検査していき、
『建物のカルテ』(報告書)を作成する住宅診断のことです。
弊社の既存住宅状況調査技術者、いわば建物の『ホームドクター』が診断いたします。
インスペクションが注目される理由 インスペクションが注目される理由
『建物のカルテ』の作成~ながく住み続けるための計画的なメンテナンス~
『建物のカルテ』の作成
~ながく住み続けるための計画的なメンテナンス~

建物を長持ちさせるためには最初に耐久性の高い住宅をつくるだけでは不十分です。
長期に渡り、点検やメンテナンス等の維持管理をしっかり行うことが必要となります。
そのためにはしっかりとしたメンテナンス計画を立てることが建物面でも金銭面でも不可欠となってきます。
その際に活躍するのが、『建物のカルテ』です。

『建物のカルテ』があることのメリット
  • 計画的な維持管理
    1, 計画的な維持管理
    10年・20年・30年後と
    メンテナンススケジュールを
    明確にできます。
  • 合理的なリフォーム
    2, 合理的なリフォーム
    『建物のカルテ』を活用し、
    的確な予算・後期による
    合理的なリフォームが可能に
  • 災害時に迅速な対応
    3, 災害時に迅速な対応
    『建物のカルテ』に基づいて、
    迅速な復旧作業や修復が可能に。
    設備機械等の交換対応!
  • 売買時に有利
    4, 売買時に有利
    既存住宅売買時に
    安心・納得して売買ができ、
    資産価値が適切に評価されます。
インスペクションで分かること インスペクションで分かること
  • 建物外部
    【基礎】 コンクリートのひび割れ、欠損、劣化などを確認
    【外壁】 ひび割れ、欠損、シーリング材の破断欠損などを確認
    【軒裏】 ひび割れ、欠損、雨漏り跡、シーリング材の破断欠損などを確認
    【屋根】 破損、ずれ、ひび割れなどを確認
    【バルコニー】 防水層のひび割れ、劣化などを確認
    建物外部
  • 建物内部
    【床】 ひび割れや劣化、沈み、傾斜などを確認
    【壁】 雨漏り跡、ひび割れや劣化、傾斜などを確認
    【天井】 雨漏り跡、ひび割れや劣化などを確認
    【建具】 動作の確認

    その他多数の項目があります。

    建物内部
インスペクション価格表 インスペクション価格表
持ち家住宅診断
基本料金
標準診断(130 m2未満) 45,000円
オプション
床下診断 床下へ入り、内部の基礎や床組みの様子や
配管の状況等をより正確に診断を行います。
20,000円~
屋根裏診断 屋根裏へ入り、雨漏れ跡・構造材及びその
複合部の様子等、より詳細な診断を行います。
20,000円~
赤外線調査 サーモグラフィカメラを使い、非破壊による雨漏り・
断熱材の欠損など隠れた瑕疵を検査します。
10,000円~
その他多数オプションをご用意しております。お気軽にご相談下さい。
(表示価格は税別です。)
インスペクションの流れ インスペクションの流れ
お客様のホームドクターを目指して
サンハウスでは、標準診断をベースに必要に応じて診断内容をカスタマイズできるよう、
オプションプランを多数ご用意しています。
インスペクション担当者がお客様の建物にあった診断内容をご提案させていただきます。
  • 01
    問合せ
  • 02
    打ち合わせ
    02

    では担当者が訪問させていただき、インスペクションについての説明・建物の確認・診断内容についてのお打ち合わせを致します。

  • 03
    お見積り
  • 04
    ご契約
  • 05
    診断実施
  • 06
    お支払い

サンハウスでは私が担当します

既存住宅状況調査技術者望月一彦