新着情報
news

田村 2015.12.10

げんかつぎ

営業の田村です。 

仕事柄、縁起の良い日や験を担ぐ(げんをかつぐ)事が多いです。

一般的には、大安は良くて仏滅は悪いってイメージがあると思います。

私個人としては、宝くじを買う時とギャンブルをやる時だけは験を担ぎます。

安産祈願でお参りする時に、戌の日(いぬのひ)は選びました・・・

 

今回は大安仏滅などの六曜と吉日に関する内容を書いてみます。

 

六曜

先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口の順で巡ってきます。

但し、旧暦の1・7月の1日は先勝、2・8月の1日は友引、3・9月の1日は先負、 4・10月の1日は仏滅、

5・11月の1日は大安、6・12月の1日は赤口と決まっています。

たまたま大安が続く事もありえるのです。

それぞれの意味は、簡単にですが

先勝:午前中は吉、午後は凶、急ぐ事は吉とされる日

友引:午前中は利なし、夕方より吉、葬式を忌む

先負:午後は吉、静かなこと吉

仏滅:何事も忌む・凶

大安:すべてに吉 赤口:正午のみ吉、他は凶

鎌倉時代末期~室町時代に中国から伝わったと言われています。

仏滅など仏教と関係ありそうですが、仏教とは関係ないものだそうです。

 

その他の吉日

母倉日(ぼそうにち・ぼそうび):母が子を育てるように、天が人間を慈しむ日という意味。

何事にも吉で、特に婚姻は大吉とされる。普請・造作も吉。

天が母のように慈しむなんて・・・ロマンチックな日ですね・・・

この母倉日は『七箇の善日』の一つです。

『七箇の善日』は何事に用いても良いとされる吉日なのだそうです。

ちなみに『七箇の善日』とは、

『天恩日』・『母倉日』・『月徳日』・『天赦日』・『神吉日』・『大明日』・『鬼宿日』

『母倉日』は月に4回以上あるので、他の吉日と併せるとより強力になります。

このなかで、最強の善日が、年に5回、多くても6回しかない『天赦日』です。

天赦日(てんしゃび・てんしゃにち):この日は、百神が天に昇り、天が万物の罪を赦す日とされ、最上の大吉日である。 その為、天赦日にのみ(万よし・よろずよし)とも注記される。

天赦日は、季節と日の干支で決まり、年に5~6回ある。

百神が味方になってくれる最強の日です。

2015年は、3月3日・5月2日・5月18日・7月17日・9月29日・12月14日でした。

何か良い事があった日と重なりましたか?

 

他にも金運でみると

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび):一粒の籾が万倍にも実る稲穂になるという意味。

何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め・開店・種まき・お金を出す事に吉であるとされる日。

但し、借金をしたり人から物を借りると苦労の種が万倍になるので凶とされる。

吉日と重なったら効果倍増、凶日と重なったら効果半減するという。

 

寅の日

干支は12日サイクルで巡ってきます。

黄色の縞模様の虎は金運の象徴、 この日に財布を買うと、お金が出て行っても必ず戻ると言われています。

 

巳の日

財産の神様である弁財天様の遣いの白蛇に願い事をすれば、 その願いが弁財天様に届けられると言われる日。

巳の日には、何回かに一度、弁財天様の縁日である己巳の日 というものがあり、金運に最も効果のある開運日の一つ。蛇革の財布を買うならこの日に合わせたいところ。

 

新月・満月 新月は始まりの運気を持つ特別な日。

新しい事を始めたり、新しい物を使い始めるのが最適とされ、 目標を立てるに最適な日と言われる。

金運祈願に適した日です。

満月は月のパワーの満ち足りている日 月光浴をすると良いとされていて、開運財布を満月の月光に当てることで、その力が更に高まると言われる日。

 

昔から、人間は験を担いでいるんですね!

 

今年のラスト勝負!年末ジャンボ究極の買い方は、

12月11日新月の日に10億円当たる事を月に願い

12月14日最強の天赦日と一粒万倍日の重なる日にジャンボを買い(但し、友引なので夕方に買う)

12月19日巳の日の中でも何回かに一度しかない己巳の日に河津町の『iZOO』に行き(電話確認済み)、飼育員にコーンスネークのスノー(白蛇)触れるよう頼み、当たるようにお願いをする。(但し、先勝のため、全て午前中に済ます。)

12月25日満月の日に宝くじを月光浴させます。

新年早々、私が会社から消えたら、、、、、10億円当たってます(笑)

0678_00000032187

Category

カテゴリー

Archive

アーカイブ